ドライマウスの相談

歯ブラシ

ドライマウスになると起こる症状

近頃では、歯科医院にドライマウスの相談をする患者が多くいます。そもそもドライマウスとは、唾液の分泌が減少して口の中が乾いた状態になる症状のことです。 ドライマウスにかかる人は年々増加しており、潜在的に約3000万人いるといわれています。 初期症状としては、基本的に口の中が乾燥することで口が粘ついたり、食べ物が飲み込みにくくなります。そして、口臭が強くなる症状も見られます。さらに重症になると、舌のひび割れ、舌が痛くて食事ができないなどの症状も現われます。そして、さらに進行すると、プラークガ溜まることで虫歯や歯周病などの原因にもなります。なので、歯の健康のためにも、早期に歯科医院に行くことが大事です。

歯科医院での治療方法とは

歯科医院では、ドライマウスの治療を行うことができます。具体的なドライマウスの治療法は、対症療法が行われます。この対症療法とは、口の中の乾燥や痛みなどを和らげるために行う治療です。全てのドライマウス患者に効果的といわれています。たとえば、人工唾液や保湿ジェルを口の中に入れる治療が行われます。この人工唾液とは、唾液とほぼ同じ成分のサラサラした液体のことです。これを人工的に口に含むことで、口内を潤すことができます。また、保湿ジェルも唾液に限りなく近い働きを持つ液体です。口の中に塗ることで、口に潤いを与えます。 その他にもドライマウスは、歯科医院ではカウンセリングなどの治療が行われます。確実に効果があるので、悩んでいる方はすぐに相談した方が良いです。